TOP | 会の紹介 | 代表ブログ | お問い合わせ | サイトマップ  

メンバーの紹介 


中川 千恵子 (理事)

(マンション管理士、消費生活相談員)

皆様、こんにちわ、中川千恵子です。

私は、月の半分を 消費生活相談員 として働く2足のわらじを履くマンション管理士です。
3人の男の子の子育てをするうちに消費者問題に興味をもちました。
生きる為の知識を知っているのと知らないとでは大きな違いがあると思ったからです。
そこから消費生活アドバイザーの資格を取り、企業のお客様相談室勤務を経て、東京都の消費生活センターの相談員になりました。
ここに勤務するために資格をとったので、夢が叶い嬉しかったです。
相談員は天職だと思っていたのですが、家庭の事情で仕事を変わる事になりました。

宅地建物取引業主任者、管理業務主任者、マンション管理士の資格を取り、マンション管理会社に勤めました。中小の管理会社です。
ここで5年間、がっつりマンション管理の仕事をしました。

私は会社に雇われてはいたものの、会社の事はほとんど考えず、担当マンションの運営をいかに改善するかを常に考えていました。
工事も必要なものを計画的に提案し、実施していました。
自分では意識していませんでしたが、管理会社担当と言うより、マンション管理士としての仕事ぶりだったのでは? と今では思います。

会社の売り上げを全く考えずに動いていたのにもかかわらず、組合に信頼されていたので、工事の受注も面白いぐらいに決まり、ダントツに売り上げを伸ばしていました。

自分が担当するマンションが改善されると新しいマンションの担当に変わり、次々にマンション管理の正常化を図りました。 おかげでどんどん仕事量が増え、過酷な勤務をしていくようになりました。
毎日身を削るように仕事をしていていくうち、このままでは死んでしまう!と思い、もう一度転職をして、相談員に戻りました。
それと同時にこれまでの経験を活かそうとマンション管理士と兼業しています。
そのような経緯で現在は国民生活センターで働いています。
久しぶりに相談現場に戻り、高齢者がいとも簡単に高額被害に遭う現状を目の当たりにして、改めて消費者教育の重要さを実感しています。

現在は、マンションコミュニティから発信する消費者教育・啓発ができないか模索中です。
また、防災にも力を入れて、マンションそれぞれで在宅避難ができるような仕組みを提案するMALCAの活動を行っています。

マンション管理のみならず、誰もが安心で安全な消費生活が送れるようにサポートをしていく仕事をしたいと思っています。 よろしくお願いします。

 

     

 

 

マンションコミュニティ研究会

Facebookページも宣伝

 

 

 





About Us | Site Map | Privacy Policy | Contact Us | copylight ©2010 mckhug.com all rights reserved